おススメ!練習方法

丁寧な練習はマイナス。【ミスを恐れるな!】雑でいいから速くプレーせよ!

「もっと丁寧に!」という指導は、サッカーに限らず多くのスポーツでよくある指導です。

サッカーでは、特にパス練習など、キックの練習で雑にならないように気をつける必要があります。

「軸足は?」「ボールの位置は?」などと、丁寧に基礎を積み重ねることが大切で、テキトーに蹴っても上達しません。

でも、なんでもかんでも丁寧にやればいいってわけでもなくて、

丁寧さがマイナスになることもあって、
雑さが寧ろ(ムシロ)いい影響を与えることもあります。

サッカー激動のスポーツ

サッカーは攻守が激しく入れ替わる激動のスポーツです。
実際の試合では「丁寧な」プレーができないことがほとんどです。

当たり前ですが、練習は試合のためにあります。
試合で活躍するための練習でなければなりません。

「丁寧さ」を意識しすぎると、練習が練習のための練習になって試合とは関係ないものになってしまうおそれがあるのです。

トップスピードを意識せよ

皆さんは、「丁寧」or「速さ(雑さ)」、どちらを大切にしていますか?

私は圧倒的に「速さ」を重要視しています。

少々雑になろうがスピード重視です。

練習中は、子供たちにとにかくトップスピードを意識させています。

具体的には次のとおりです。

①コーンドリブル

コーンドリブルは、絶対にトップスピードで。
丁寧さをある程度捨てることが大切です。

「丁寧に!」「コーンに当てないように!」と指導する指導者もいますが、これは間違いだと思います。

スピードを重視することで、ボールがコーンに当たったり、うまくジグザグができなかったりすると思いますが、それがいいのです。

試合中を考えてみてください。

いくら丁寧にドリブルしても遅ければ抜けませんし、どれだけ丁寧にボールをコントロールしてもガツンと体を当てられればそれまで。

ドリブル突破はスピードとキレが重要です。

多少雑でも速ければ、ガチャガチャしながらでも突破できたりします。

トップスピードで練習することはこういうことです。

コーンに当たったり、ボールが大きくずれたり、浮いたり、色んな状況の中でもボールを進めることが大切です。

なにがなんでも速くボールを進めることを意識して練習しましょう。

②キック練習

キック練習は丁寧にやる必要があると書きましたが、スピードも大切です。

ここで重要視するスピードは、トラップから蹴るまでの速さです。

止めて、ゆっくり形を作って、蹴る。
こんな練習は今すぐやめましょう。

止めたらなるべく早く蹴ることを意識しましょう。

これを意識して練習するだけで、試合での落ち着きが見違えるほど変わります。

雑でいい by 2010南アフリカW杯

サッカーはボールをゴールに入れるスポーツです。

体操やアイススケートのように、美しさを競うスポーツではありません。
ゴールが取れれば、丁寧なのか雑なのか、そんなことはどうでもいいのです。

皆さん、2010南アフリカW杯を覚えていますでしょうか?

大会前に絶不調を極めた日本代表。
大会直前に、キャプテンを中沢佑二から長谷部に変更し、予選でエースだった中村俊輔を先発から外し、キーパーは楢崎から川島に。
そして、この大会で大活躍することになる本田圭祐をワントップに配置した。

完全に急造の戦術変更でしたが、グループリーグ1試合目のカメルーンに勝利すると、2試合目のオランダには敗れたものの、デンマークに勝利し、見事ベスト16に進出した。

決勝トーナメントでは、延長、PKの末にパラグアイに敗れましたが、ベスト8に限りなく近づいた大会でした。

ブブセラの音が鳴り響いていたのをよく覚えています。

日本は、どん底から歓喜へと大躍進しました。

大会前に不振を極め、直前の戦術変更やメンバー刷新など、不安材料が多かった日本がこのように躍進できたのは、やはり1戦目の勝利が大きかったのだと思います。

1戦目の勝利で日本は勇気と自信を得ることができました。

また、もっと言うと、1戦目の本田の先制ゴールが大きかった。

あのゴールは、「どうかなあ?」「やっぱりダメかなあ?」といった空気を吹き飛ばすゴールで、まさに日本中に勇気と自信を与えました。

ついつい熱く語ってしまいましたが、ここからが本題です。

あのカメルーン戦の本田のゴールを覚えていますか?

本田は、右サイドの松井大輔からのクロスボールをゴール前でトラップして流し込んだ。

あの本田のトラップを覚えていますか?

左足のインサイドでトラップしたボールは足元に・・・収まらなかったけど・・・収まった。

覚えていますか?

インサイドでトラップしようとしたボールは、うまく足元には収まらず、本田の膝に当たりました。

膝に当たったボールは本田の足元にピタッと収まります。

インサイドのトラップを完全にミスした本田でしたが、そのボールは膝に当たって、最高の場所に落ちてきたのです。

こういうことです。
雑でいいとはこういうことです。

どんな形であれ、ゴールできればいいのです。

本田は落ち着いていました。

どう見ても膝に当たって帰ってきたのは偶然だと思うけど、まったく慌てずにボールをゴールに流し込みました。

これは普段から「丁寧」なだけの練習ではなく、スピード感のある一定の雑さを許容する練習をしていた成果ではないかと思うのです。(実際どうなのかは分かりませんが。)

「丁寧」ということが頭に強くあった場合、試合中のちょっとのミスで慌ててしまうんじゃないかと。

インサイドのトラップがずれた瞬間に慌ててしまって、たまたまいい場所にボールが落ちてきても、その後バタバタしてシュートができなかったり、ふかしてしまったりするんじゃないかと思うんです。

カメルーン戦、本田のゴール↓

https://youtu.be/N18X3Oaok2M

サッカーはミスの多いスポーツ

サッカーは足を使うスポーツですから、必然的にミスが多くなります。

「こんなもん」だと諦めること。
「ミスして当たり前」と割り切ること。

このようなメンタルで臨むことが大切です。

もちろん、ミスを減らせれるように練習することは大前提ですが、最終的にはミスはありきで、大事なのはミスに対して臨機応変に対応できるかどうかです。

本田は、ミスにまったく動じませんでした。
あのゴールは、ミスに慌てなかったからこそのゴールです。

少年サッカーでは、どうしても基礎練習が多くなります。

また、基礎はとても大切です。

でも、いくら基礎練習をしようとも、どれだけ丁寧に練習しようとも、試合では絶対にミスします。

大事な場面こそ、相手のプレッシャーも強くなってミスが起こりやすくなります。

そのときに慌てないように、
基礎練習を行うときには、スピード感を重視して、「あえてミスを起こす」工夫が大切なのです。

皆さん、いい意味で「雑に」練習してみませんか?

I love soccer⚽

もっと少年サッカーの情報が見たい方はこちらから↓

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ

にほんブログ村

たくさんの少年サッカー関連の記事が掲載されています。

ブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村