おススメ!練習方法

少年サッカー、上手くなる子はどんな子?上手いサッカー少年のある共通点とは?親の役割を考える。

サッカーが上手くなる子どもって、どんな子だと思いますか?

運動神経抜群の子どもでしょうか?
マジメに練習する子どもでしょうか?


この2つがあれば、そこそこは上手くなると思います。

そこそこは。

でも、上手くなるサッカー少年には、もっと単純な共通点があります。
そしてそれは、トップレベルを目指すのなら、絶対に必要なことだったりします。

親が一生懸命になることです

サッカー少年の親の役割

このブログでは、何度も親がのめり込み過ぎてはイケないと書いてきました。

それとは逆行するようですが、トップを目指すのなら、親の助けは絶対に必要です。

今は、サッカー日本代表も、オリンピックの金メダリストも、「小さい頃から親に鍛えられてきました。」という人が増たくさんいます。

古くは、卓球の福原愛ちゃん、
幼い頃、泣きながらお母さんの厳しい指導を受けていました。

亀田3兄弟もそう。

体操の内村航平選手も父が経営するクラブに幼いころから通っていたそうです。

他にも、水泳や野球、柔道など、親の一生懸命な育成が成功した事例はたくさんあるし、どんどん増えています。

サッカーでもそうですよね。

今をトキメク久保建英選手も親子で頑張ってきた選手です。

また、そんな一線級のプロ選手を想像しなくても、皆さん、普段の経験から感じているのではないでしょうか?

チームの中で上手な子を思い浮かべてみてください。

親が一生懸命な子供が多いのではないでしょうか

子どもに上手くなってほしいのなら親も一生懸命になる。
トップを目指すのなら、今やこれは必須の時代なのです。

少年サッカーの親の関わり方

では、どのように関わるべきなのでしょうか?

答えは1つしなくて簡単です。

一緒にサッカーをしましょう!

子どもと一緒にボールを蹴りましょう!

コーンドリブルなら、外からアレコレ指示するだけじゃなくて、一緒にドリブルで回る。
リフティングをするなら、回数を競い合う。

シュート練習のゴールキーパー、
1対1、かけっこ、ランニングなど、

全部、子どもと一緒にやるのです。

大したアドバイスなんて出来なくてもいいし、お手本を見せられなくてもいい、

とにかく、一緒にボールを蹴るのです。

ただこれだけのことで、子供は間違いなく上達します。
毎日30分でも親と一緒にボールを蹴れば、確実に上手くなります。

子どもが1番喜ぶことはなんですか?子どもが1番好きなことはなんですか?

それは、親と遊ぶことです。親に誉められることです。

子どもと一緒にボールを蹴ること、
それがサッカー少年と親のベストな関係です。

怒る親

ただ、よく子どもを怒る親を見かけます。

・練習しろよ!
・走ってこい!
・なんだ!今日の試合は!!
・嫌ならやめてしまえ!
・〇〇くんみたいなプレーをしろ!
・なんで、あそこでパスしたんだ!

こんな親は、いたるところにいます。あるあるですよね。

自分も息子に、
「やる気がないならやめてしまえ!」と、言ってしまったことがあります。

でも、本当は、そんなこと絶対に言ってはいけません。

サッカーのことで親が子どもを怒るとき、そこにはデメリットしかありません。

子どもは子どもなりに頑張っています。
大人から見ると、納得できないこともあるかもしれませんが、子どもは自分なりに満足しているかもしれません。

一方的に怒るのは絶対にダメ。

もし、どうしても練習態度やプレーに納得できないときは、対面パスでもやりながら、ゆっくりじっくり会話をしましょう。

親も一生懸命になるけど、やるのは本人です。

それを忘れてはいけません。



親と子の練習 おススメ、メニュー

少しだけ、親子でできる練習メニューを紹介します。どこにでもある普通のメニューですが、よろしければ参考にしてみてください。

コーンドリブル

まずは基本中の基本、コーンドリブルです。
コーンドリブル自体、否定派と肯定派に分かれますが、自分は必要な練習だと思っています。てか、むしろ大事な練習だと思っています。

コーンドリブルは、親子で交互にやりましょう。

子どもが行く。→コーンを回って帰ってくる。→親にタッチ→親が行く。→コーンを回って帰ってくる。→子どもにタッチ

これをやるメリットは少しの休憩です。一回ずつ休憩できるので、体力が復活して次のコーンドリブルも全力ですることが出来ます。

これは、単純なことですが、とても大切なことで、連続でやるより絶対にいいと思います。


どんな練習も最高のコンディションで全力が出せる体の状況で、やった方が上達は早いのは当たり前で、コーンドリブルも連続で何回もやるより、休みながら、全速力でやった方が絶対に上手くなります。

1対1

ガチで1対1をやりまくるのもいいでしょう。

思いっきり、体を当てて、フィジカルで子どもに勝つのもいいと思います。
とにかく本気で子どもに勝つ気持ちで戦うことが大切です。

逆に言うと、子どもに本気で勝ちたいと思わせることが大切なのです。

スポーツには、負けず嫌いな性格が必要です。親が本気で相手することによって、子どもの負けず嫌いを目覚めさせましょう。

バランスを大切に

子どものサッカーに関わる。
一緒にサッカーをする、ボールを蹴るのが大切ということを書いてきました。

でも、いつも書いているとおり、親がのめり込み過ぎてはいけません。

熱くなりすぎてはマイナスとなります。

子どもをプロにするためじゃなくて、親が子どもに負けないために、一緒にやるのがいいのかもしれません。

低学年の頃は楽勝だった一対一も、だんだんキツくなっていくでしょう。

でも、絶対に子どもに負けてたまるものか!という気持ちで子どもに接するのはどうでしょう。

ボールを蹴るとき、そんなときに、大人も子供もありません。親も子もありません。

全力で子どもに勝つ!
そんな気持ちで関わっていけばいいと思います。

親が一生懸命になると、子どもは絶対に上達します。

騙されたと思って、一緒にボールを蹴ってみてはどうでしょうか?

今回は、サッカーが上手くなる方法をテーマに書いてきました。でも、サッカーは、サッカーだけやっていても限界があります。基礎の運動能力や創造力を高めることも大切です。こちらの記事では、運動神経や創造力を高める最強の遊びについて書いてます。よろしければ読んでみてください。↓

https://boy-soccer.com/sunaba/

サッカー少年と親の関係。関わり方。
大成功した久保建英選手お父さんの本は凄く参考になります。サッカー少年の保護者必読の内容ですよ!
↓ ↓ ↓ ↓

I LOVE SOCCER⚽

もっと少年サッカーの記事が見たい方はこちらから↓たくさんの少年サッカーの記事が掲載されています。

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

ブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です