サッカー少年に聞かせたい!プロの名言

ユースか部活か?どっちが伸びるのか?誰もが悩む進路について中村俊輔が語った答えとは?

小学校低学年で始めたサッカー。

親も子も始めは軽い気持ちだった。
「体力作り」になればいいし、友達もやってるし。

それだけだった。

でも、思いのほかサッカーにのめり込んでいく。
それと同時にサッカーが上手くなっていく。

試合でも活躍できるようになってきた。

「俺、プロになるから。」

子どもがそんな「夢」を言い出した。
親もまんざらではない。

「頑張れ!応援するぞ!」

どうすればもっと上手くなるのか?
どうすればプロになれるのか?
もっといい環境はないのか?

親は子どものために必死で考える。

そんな人、多いのではないでしょうか?

よく、「親は口をだすな!」「黙って見守れ!」
とも言われますが、これは正解のようで不正解。

「良い」口の出し方はするべきで、
アドバイスすることは悪いことではない。

少年サッカー親の声かけは悪なのか?絶不調の息子を得点王にした親の言葉とは? 『親がしゃしゃり出てはダメ。』どんなスポーツでも言われることです。 特に試合では、監督やコーチから指示が出るから、それに親が口を...

そして、小学校も卒業に近づいてきた。
「中学生になったらどこでサッカーをするべきか?」

サッカーに本気で取り組んでいるなら、誰しもが悩む選択だろう。

  • やっぱりJの下部組織だろ。設備も指導者も一流だから。
  • プロになるにはユースが手っ取り早い。
  • Jの下部組織に入れなくても部活はないな。クラブチームがいい。
  • いや、部活だろ。部活で根性を鍛えてもらうのだ。
  • 部活で先輩・後輩の上下関係も教えてもらえ。
  • 日本代表には部活出身が多いと聞いたぞ。

こんな風に悩まれている方、多いのではないでしょうか?

また、「ユース」か「部活」かは、メディアでもよく論じられているが答えは出ない。

日本サッカー育成の積年の疑問と言ってもいいだろう。

今日は、この悩みに対しての元日本代表の10番、中村俊輔選手の考え方を紹介する。

中村俊輔の考え方

「Jクラブと部活はどちらが良いのか?」

中村俊輔の答えは実にシンプルなものだった。

環境は関係ない。その人、その選手次第。
結局は自分が何を考えて行動するか。

答えになってないような答えだけど、結局これが本質なのだろう。
最後は自分次第というのは間違いない。

でも、それはやっぱり成功した人だから言えることだと思う。

成功した人が、後から振り替えればって感じだと思うんだ。

今からプロを目指す人は、
「環境は関係ない。」
なんて言ってる場合ではない。

より良い環境を探すことも立派な努力だ。

その人次第というのは、
その人がどう努力するか」もそうだけど、
その人に合うか合わないか」も重要だ。

合う合わないは確実にあるのだ。

最後は自分次第だけど、なるべく合う環境に行くことも凄く大切なこと。

だから、その人にとって、どの環境が合うのかを見極めることが重要だ。

そして、それは親が頑張るところかもしれない。

本来は、子どもに自分で「ここに行く。」と決めてほしいと思うけど、
そんな子ばかりではないし、精神的な成長の差もあるだろう。

親が情報を集めてあげる、アドバイスしてあげることも大切なのだ。

中村俊輔の考えるユースと部活の違い

中村俊輔は、「自分次第」ということを前提としながらも、J下部と部活との違いについても語っている。
(中村俊輔は、中学は横浜マリノスジュニアユース、高校は桐蔭学園と両方を経験)

サッカーの環境や知識に関してはクラブの方が整っていたと思う。

中学生の自分に対してコーチはサッカーを教えるプロで、
立派な人工芝でレベルの高いトレーニングができた。

部活動は土のグラウンドの整備やボールなどの用具の準備から始まる。
指導者も監督やコーチである以前に「先生」だった。

自分の場合、佐熊監督でも佐熊コーチでもなく「佐熊先生」。
高校生にとって先生は怖い存在がほとんど。(苦笑)

昔の生徒は先生が怖いから頑張る。
それによって心身ともに鍛えられる部分はあったと思う。

クラブはサッカーの技術論や方法論を教えてくれる。

部活は精神論や人生論を学べる。

クラブの選手はサッカーをやるために集まっている集団なので、技術が優れていれば許されるところもあった。
私生活に口うるさく言われることはなかった時代だった。

部活はどんな選手でも1時限目の授業に遅刻すれば叱られるし、学校生活に問題があれば顧問以外の先生にも指摘される。

スポーツ推薦で入学した選手も生徒の一人なので、規律を乱す行為は絶対にダメ。

皆さん、割と想像どおりではないでしょうか?

○設備とプロの指導はクラブ。
○根性と上下関係、規律は部活。

少し乱暴に整理するとこういうことだ。

どちらにもメリットとデメリットが存在する。

大切なのはこれらを知ったうえで「その人」に「合う環境」を選ぶことなのだ。


SHUNSUKE NAKAMURA The Secret of Direct Free Kick 中村俊輔 直接フリーキックの極意 [DVD]

日本代表には「ユース」と「部活」どちらが多いのか?

ここで現状を見てみたいと思う。

ロシアワールドカップの日本代表メンバーは下のとおりだ。

ロシアワールドカップ日本代表メンバー

1 川島永嗣
与野西中学校⇒浦和東高校

12 東口順昭
ガンバ大阪ジュニアユース⇒洛南高校⇒新潟経営大学

23 中村航輔
柏レイソルU15⇒柏レイソルU18

5 長友佑都
西条北中学校⇒東福岡高校

20 槙野智章
サンフレッチェ広島ジュニアユース⇒サンフレッチェ広島ユース

22 吉田麻也
名古屋グランパスU-15⇒名古屋グランパスU-18

19 酒井宏樹
柏レイソルU-15⇒柏レイソルU‐18

21 酒井高徳
レザーFS jrユース⇒アルビレックス新潟ユース

3 昌司源
ガンバ大阪ジュニアユース⇒翔英学園米子北高校

6 遠藤航
横浜市立南戸塚中学校⇒湘南ベルマーレユース

2 植田直通
住吉中学校⇒大津高校

17 長谷部誠
青島中学校⇒藤枝東高校

4 本田圭佑
ガンバ大阪ジュニアユース⇒星稜高校

14 乾貴士
セゾンフットボールクラブ⇒野洲高校

10 香川真司
FCみやぎバルセロナjrユース⇒FCみやぎバルセロナユース

16 山口蛍
セレッソ大阪U-15⇒セレッソ大阪U-18

8 原口元気
浦和レッズジュニアユース⇒浦和レッズユース

11 宇佐美貴史
ガンバ大阪ジュニアユース⇒ガンバ大阪ユース

7 柴崎岳
青森山田中学校⇒青森山田高校

18 大島僚太
静岡学園中学校⇒静岡学園高校

9 岡崎慎司
けやき台中学校⇒滝川第二高校

15 大迫勇也
鹿児島育英間中学校⇒鹿児島城西高校

13 武藤嘉紀
FC東京U-15⇒FC東京U-18⇒慶応義塾大学

日本代表選手の中学・高校時代の所属チームまとめ

ロシアワールドカップ日本代表選手の中学・高校時代の所属チームのまとめは次のとおり。

「中学も高校も部活」と「中学も高校もJ下部」が最も多く8人ずつ。

この2つのパターンが23人中16人と全体の2/3を占めた。

・部活⇒部活:8人
・Jジュニアユース⇒Jユース:8人
・Jジュニアユース⇒部活:3人
・クラブチーム⇒Jユース:1人(遠藤)
・部活⇒Jユース:1人(酒井高徳)
・クラブチーム⇒部活:1人(乾)

・クラブチーム⇒クラブチーム(香川)

日本代表選手の中学時代の所属チーム

次に中学校に限定した所属チームのまとめを見てみる。
最多はJの下部組織で11人、次いで部活の9人。

・部活:9人
・Jジュニアユース:11人
・クラブチーム:3人

日本代表選手の高校時代の所属チーム

高校時代の所属チームは次のとおり。
興味深いのは、部活とJ下部組織が逆転していること。

これは、ひとえにJの下部組織の育成が成熟していないことを現している。
才能ある中学生をユースに昇格させずに切り捨ててしまっているということだ。

中村俊輔も本田圭佑もユースに昇格できずに部活を選択した。

・部活:12人
・Jユース:10人
・クラブチーム:1人

「ユース」と「部活」はどちらが良いのか?

結局、ユースと部活のどちらが良いのかは「その人」次第だということ。

中村俊輔の言うように、
自分で「気付いて考えて行動する」ことが大切なのだろう。

でも、それだけではないはずだ。

中村俊輔は横浜マリノスジュニアユースからユースには昇格できなかった。
味わった挫折を胸に高校の部活で努力した。

きっとこのルートが中村俊輔には合っていたのだ。
たまたまかもしれないが、とても合った道のりだったのだ。

サッカー少年のみんな、サッカー少年の保護者の方々、
進路で迷うことでしょう。

どうか、しっかりと調べてください。

「どこに行っても同じ。」「すべては自分次第。」

そんなことを言うのは、しっかりと調べて悩んで選んだ後だ。

「すべては自分次第」という言葉に逃げてはイケナイ。

調べること、悩むことも立派な努力だ。

プロサッカー選手になるのなら、それくらいは出来なければならない。

そして、一生懸命悩んで決めたなら、
もうそこからはやるだけ。

まさに自分次第だ。

中村俊輔は40歳を超えた今でも、

誰かから与えられたメニューだけをやるのではなく、何が足りないのかを自分で考えて練習している。

こんな風に語る。

まずは、自分に合うチームを見つけること、
そして、環境のせいにせずに、その場所で何が出来るかを考え実行すること。

「ユース」か「部活」、
答えはあなたが決めるのだ。

I love soccer⚽

自分で考える子どもになるために。

よろしければこちらもどうぞ!↓

【子育て】子どもが自分で考える力をつける訓練。親の声かけ次第で子どもの可能性は無限大!!

おまけ・・・

ちなみに個人的な意見などを。

「ユースか部活か」という議論があるうちは日本の育成はダメなんだと思う。

Jの下部組織は当たり前だけど、プロサッカー選手の養成所だ。
プロの指導者がプロを育てるためにある組織だ。

そんなチームが、学校の部活に負けてどうするんだ?

「どっちがいいのか?」
なんて議論がある時点でダメじゃないのか?

圧倒的にJ下部組織が良いと言われるようにならないと。

バルセロナの下部組織出身の久保建英。
「バルセロナじゃなくて、部活だったらなー。」なんて誰も言わないよね。

レアルマドリードの下部組織にいる中井くんも同じ。

日本のJリーグチームももっと育成を頑張ってほしい。
まずは才能の見落としを減らすことからだ。

才能の見落としは、成長到達度を見ないことから始まる。

同学年を横一列で評価する日本。

まずはそれを改めるべきだ。

いい加減、誕生日理論から抜け出してもらいたい。

【永久保存版】プロサッカー選手になるために大切なこととは?Jリーガーと海外組の誕生月を徹底分析。データを見れば一目瞭然の恐ろしい事実とは? サッカー少年の夢、プロサッカー選手。親子で一緒に夢に向かって努力する人も多いだろう。 サッカーには、エリート育成プログラムである...

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

ブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です