必読!少年サッカー

少年サッカー、数的有利を作る。いや、数的不利を作ろう。

「数的有利を作る。」

サッカーでよく聞く言葉だ。

1対1より、2対1、3対1、
間違いなく、数で有利な方がチャンスとなるし、守りやすい。

攻撃でも、守備でも、
相手より数的に有利になることは、
常に動き続けるサッカーにおいて重要だ。

でも、少年期はどうなのだろう?

数的有利を作ることを意識させるべきなのか?

数的有利な状況は楽

数的有利が作れれば楽にプレーができる。

攻撃で2対1の場面を作ると、パス一本で突破が容易になるし、
守備では、一人目が寄せて、二人目で奪う、そんな連動したプレーができる。

数的状況を意識してプレーすることはサッカーにとって必須だ。
その状況把握ができないとサッカー選手としてはダメだろう。

より楽に点を取る。
より楽にボールを奪う。

苦労するより、楽にプレーする。
そっちの方が絶対にいい。

少年にも楽をさすのか?

では、少年にも楽なプレーを教えるのか?
数的有利な状況の作り方を指示するのか?

自分は、そんな指導はしない。

練習は、数的不利な状況になるようなメニューが多い。

攻撃では、1対2での突破。
守備では、1対2の守備。

もちろん、2の方は数的有利な状況での練習になるけど、
その状況を作り出すことは意識させない。

たまたま人数が多いだけであって、
数的有利を意識させていない。

意識させるのは1の方。

相手が一人多いくらいで負けてはダメだ!

そんな言葉をかけている。

最強の数的有利になるために

数的有利な状況は最強だ。

でも、1対2でも勝てるようになってから、
数的有利を意識することが大切だ。

日本代表が負けた後によく聞く二つの言葉がある。

「やっぱり個が大事ですね。」
「個じゃ勝てないから、組織で戦わないと。」

日本サッカー界は、この二つの考え方に分かれている。

とにかく個を伸ばすべきなのか?
もっと組織力を磨くのか?

これ、どちらかではダメだと思う。
両方大事にしないといけない。

強い個が集まって、組織で戦わないといけないのだ。

そのために、少年時代はとにかく個だ。

2対1の状況を作るなんてヌルイことをしてちゃダメだ。
1対2で突破できる選手を目指すのだ。

1対2でも余裕な選手。
そんな選手が二人で2対1を作ったら最強だ。

組織組織言う前にまずは個をとことん鍛えましょう!

I LOVE SOCCER⚽

ブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です