サッカー少年に聞かせたい!プロの名言

本田圭佑が炎上中!?今いる場所で全力を尽くすことの大切さ。

オランダのフィテッセを急遽退団し、ブラジルのボタフォゴに加入した本田圭佑。

空港での現地ファンからの熱狂的な歓迎が記憶に新しい。

しかし、ここに来て、本田圭佑が炎上中らしい。

原因はYouTube。
本田がYouTubeで語ったことに激怒するサポーターが多くいるとのこと。

本田はなぜ炎上したのか?
また、この炎上をサッカー少年たちはどう考えるべきなのか?

サッカーだけでなく、「今いる場所」で全力を尽くすことの大切さ。

今日は、そんなことを書いていきます。

本田圭佑炎上の理由

炎上の理由は簡単。

本田がボタフォゴを蔑ろにしているようにサポーターに思われたからだ。

本田はYouTubeで、挑戦している2つのことについて発言した。

一つは、キャリアの終わりに近づいているというイメージを払しょくすること。
もう一つは、東京オリンピックに出場すること。

この言葉をボタフォゴのサポーターは納得できなかった。

サポーターは、この動画を見て次のような感情を持ち、反発した。

  • ホンダは、ボタフォゴのためにここに来たのではないのか?
  • 自分のイメージを変えるため、代表チームに入るためにボタフォゴに来たのか?
  • 俺たちの愛するボタフォゴというチームは、ホンダにとって、ただの手段なのか?

ホンダの動画には、否定的なコメントが溢れている。

今いる場所で頑張るということ



本田は言葉を間違った、

「ボタフォゴを勝たせるためにここに来た。」と言うべきだったし、実際にそう思ってプレーするべきだ。

その結果として、代表に選ばれることは、サポーターにとっても何ら問題はなく、むしろ喜ばしいことになるはずだ。

サッカーのみならず、人にとって、大きな目標を持つことは良いことだし、未来をイメージすることも大切だ。

でも、それと同じくらい「今いる場所で頑張ること」も凄く大切なことだ。

「今頑張る」からこそ、「未来の目標」に近づくことができる。

先のことばかりを考えて、今を疎かにしてはならない。

もちろん、本田の真意がどこにあるかは分からない。
ただ言葉が足らなかっただけで、「ボタフォゴのために」という強い思いもあるのかもしれない。

また、日本にいたら恐らく炎上はしなかっただろう。
サッカー王国ブラジルだったからこその炎上だと思う。

でも、この炎上はサッカー少年にとって、いい教訓になると思う。

トレセンに選ばれるために

トレセンに選ばれることばかりを考えている人はいませんか?

チームより、選抜チームを重要視している人はいませんか?

「今いる場所」を疎かにしていませんか?

トレセンに参加したら、トレセンの練習を精一杯やればいい。
選抜チームのセレクションに参加したら、全力で合格を目指せばいい。

でも、それと同じように、チームの練習、チームの試合では、チームの勝利のために全力でプレーしなければならない。

それが上達への近道だ。

「明日は選抜のセレクションだから、今日のチーム練習は休む。」
こんなことをやっている子は、絶対に伸び悩みます。

そこでのサッカーを全力で楽しもう

夢を持つことは素晴らしい。
高い目標を目指すこともいい。
大きな目的意識をもって取り組むことは大切だ。

でも、足元も大切にしなければならない。

そして、少年サッカーで最も大切なことは「サッカーを楽しむ」ことだ。

今いるその場所でサッカーを全力で楽しむことが一番大切だ。

「なにかに選ばれるために」やるサッカーが楽しいとは思えない。

チームだけに集中しろというわけではない。
とにかくすべてのサッカーを楽しもうということだ。

どれだけサッカーを好きになったかで将来の伸び率はとんでもなく変わる。

将来の夢を叶えたいのなら、今の場所でサッカーを楽しむことが何よりも大切だ。

本田圭佑の炎上は、いい教訓になると思う。

遠くを見るのもいいけど、近くのことも大切にしようぜ!!

I love soccer⚽

もっと少年サッカーの情報を見たい方はこちらから↓

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

少年サッカー情報が満載です!

ブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です