少年サッカー必須アイテム紹介

第98回全国高校サッカー選手権、静岡学園が優勝!「静学スタイル」を学んでドリブラーになろう!

先日行われた高校サッカー選手権大会で見事優勝を果たした静岡学園。

過去最強との呼び声もあった青森山田高校を決勝で下しての全国制覇となった。

静岡学園といえば、「技術」にこだわるチームで、ドリブルとショートパスを中心に相手を崩すのが特徴的なチーム。

一方、準優勝の青森山田高校は、鍛え上げたフィジカルをベースにした堅い守備とセットプレーでが売り。

正反対のチーム同士の対決だった。

どっちが良いか悪いかなんてことを考える意味はない。

大切なのは「その子」に合っているかどうか。

静岡学園のサッカーが合うのか、
青森山田高校のサッカーが合うのか、
それとも他のチームが合うのか、

本人にその環境が合っているかどうかが大切だ。

詳しくはこちら↓

ユースか部活か?どっちが伸びるのか?誰もが悩む進路について中村俊輔が語った答えとは?小学校低学年で始めたサッカー。親も子も始めは軽い気持ちだった。「体力作り」になればいいし、友達もやってるし。それだけだった。でも、思いの...

少年時代は「フィジカル」より「技術」

ただ、少年時代に限って言えば、大切なことは決まっている。

「フィジカル」よりも「技術」が大切だ。

優勝した静岡学園の元監督の名将・井田勝通氏はこう語る。

ボールコントロールは、次の部屋を開ける「鍵」である。

ボールコントロールテクニックを一つでも多く持っていれば、そこから先の可能性は無限に広がる。

ただ、ボールコントロールテクニックの習得は、大人になってからでは非常に難しく、時間がかかってしまう。

だから技術は、少年のうちに身に付ける必要があるのだ。

最近では、サッカーの技術力向上のために、様々な教材が出るようになった。

基本的にどの子どもも、チームやスクールの指導者の指導を聞いて練習すると思うけど、それだけだとリスクがある。

指導者が「ダメな指導者」だった場合、取り返しがつかなくなる。

テクニックは少年期に身に付ける必要があるけど、少年期の指導者がダメな指導者だった場合は最悪。

技術習得の大切な期間を奪われてしまうことになる。

だから、狭い世界だけに執着するのではなく、たまには専門家の教材を見て参考にすることも大事なことだと思う。

また、教材を見ながら自分で考えて練習することは、教わるばかりのチームやスクールと違って、人としての成長を促すだろう。

SHIZUGAKUサッカースタイル~個人力アップで局面を打開する~

優勝した静岡学園がこだわるボールコントロールテクニックの習得方法がまとめられたDVDがある。

SHIZUGAKU サッカースタイル~個人力upで局面を打開する!~[サッカー 628-S 全2巻]

元監督の井田イズムが学べるほか、育て上げられた静学の選手たちによる華麗なリフティングやドリブルテクニックの数々とそれの習得方法がまとめられている。

サッカーの面白さの原点が学べるかのような教材となっていて、子どものサッカーへの執着心が上がることは間違いなしの内容だ。

アイディア、発想力を大切にするドリブルテクニックなど、多くのパターンのボールタッチやドリブルテクニックが説明されていて、今すぐに試合で使えるテクニックが満載。

この教材の内容は間違いなく、できればすべてのサッカー少年に見てもらいたい内容だ。

ただ・・・

高い。

金額がとても高くて、個人では、なかなか手が出ない人が多いと思う。

そんな方はまずはこちらを読んでみてはどうでしょう?

静学スタイル 独創力を引き出す情熱的指導術

井田元監督が書いた「静学スタイル」。
独創力を引き出す指導法が書かれている本だ。

まずは、この本を読んでみて、内容に共感出来たらDVDをというのがいいかもしれない。

DVDは複数で買ったり、チームとして部費で買うことをおススメします!

独創的で見てて楽しいサッカーで優勝した静岡学園。

すべてのサッカー小僧にぜひ知ってもらいたい。

静岡学園のこだわりとテクニックの習得方法を知ってもらいたい。

間違いなくなにか「気付き」があるはずだ。

少年期は楽しい10割でいい。
ただ、いい楽しみ方へ誘導してあげるのは親や指導者の役目だ。

静岡学園の選手たちのように、楽しそうにアイデア溢れるテクニックを披露するサッカー少年が増えることを願って。

I love soccer⚽

ブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です