必読!少年サッカー

【場面別】少年サッカーのお父さん審判、1人審判のコツ。オフサイドも実は簡単。サッカー素人でもスムーズにジャッジできる方法を紹介します。

今日はお父さん審判について。

「子どもの試合は楽しみだけど、審判がストレス」というお父さん審判は多いと思います。

特に、「サッカーなんてやったことない」という人にとっては、分からないことだらけで、不安でいっぱいですよね。

でも、初めに言っておきます。
審判でストレスを感じる必要はまったくありません。

いくつかのことだけ注意すれば大丈夫です。

今日は、少年サッカーのお父さん審判が注意すべきポイントを場面に分けて説明します。

よくあるキレイゴトではなく、すぐに実行できる実践的な内容を書きますので参考にしてみてください。

「どっちボール?」スローイン、ゴールキック、コーナーキックのジャッジ

ピッチ外にボールが出たとき、どっちボールか(どっちが最後に触ったか)微妙なときがあるかと思います。

両チームの選手、ベンチ、ときには保護者から、「マイボール!」という激しいアピールもあったりして、迷いが生じることもあります。

この場面で大切なのは、自信を持ってジャッジすることで、周りの態度や声に影響されてジャッジしてはいけません。

文章に書くと、「なにを当たり前のことを言ってるんだ…」という感じですが、案外、実際の現場では難しいものですし、PKやオフサイドのジャッジと違い、スローインがどっちボールかは、試合に大きな影響を与えるジャッジではないため、「ま、いいか。」という軽い判断をしてしまいがちです。

でも、実はここが正念場です。

たかがスローインと、「ま、いいかジャッジ」をしてはいけません。

なぜなら、審判に最も必要なのは信頼だからです。

たかがスローインですが、選手やベンチは、流されてジャッジしたのか、審判が自らの意思でジャッジしたのか、しっかりと見ています。

流されてのジャッジは、「あの審判頼りないな。」という不信感を生み、その後のジャッジへの信頼が無くなります。

そして、審判に対する不信感は、その後のジャッジへの不満や苦情・反論を生み出し、試合全体の審判がやりにくくなってしまいます。

大切なのは「どっちでもいい。」という開き直りです。

どっちでもいいのです。どっちボールでもいいのです。

よく見えなかったことは仕方ないことです。
特に一人審判の場合、全部を完璧に見ることは不可能です。

大切なのは、「どっちボールにするのか?」ではなくて、「自ら決めること」です。

「はい、赤ボールね」と、有無を言わせない自信満々の態度でジャッジしましょう。

その場になると、焦って迷ってしまうかもしれないので、試合前からどっちボールにするか決めておくのも一つの方法です。

「迷ったら赤ボールにしよう。」と事前に決めておいてジャッジする。その次に迷ったら白ボールに、次はまた赤ボールにと交互にジャッジ。

このように、あらかじめ、迷った場面でのジャッジを決めておけば焦ることはありません。

キックオフの後の最初のジャッジは、「どっちボールか?」がほとんどだと思います。

まずは、自信満々のジャッジで審判への信頼を得ることが大切です。

オフサイドのジャッジ

お父さん審判にとって、一番悩ましいのがオフサイドのジャッジだと思います。

一人審判の場合、真横から最終ラインを見るのはほぼ不可能なので、あらかじめ、選手の位置を確認し、どこにパスが出るか予測する(ここに出たらオフサイドを吹こうと決めておく)ことが大切になります。

明らかに飛び出している選手を見つけて、そこにパスが出たら笛を吹くという感じです。

以上です。

オフサイドについてはそれだけです。

今まで難しいことを考えていた人も多いと思いますが、それだけなのです。

「いやいや、それが難しいんだけど…」と思った人もいるかもしれませんが、簡単です。

逆に言うと、「明らかに飛び出ている選手」以外は、オフサイドを取らなくていいのです

というか、一人審判の時点で、オフサイドを完璧に見るのは絶対に無理です。

また、ラインズマンがいたとしても困難です。

オフサイドは、最終ライン、ボールの出し手の選手、ボールを受ける選手の3点を見る必要がありますが、それを動きの中で見ることは人間の能力を超えています。

だから、「絶対に完璧には見れない。」という諦めを頭の中に置いておくことが大切です。

最も最悪なのは、「オフサイドじゃないのに、オフサイドをとってしまうこと」です。

それをやると、完璧なスルーパスを出した選手や、完璧な飛び出しをした選手の積極性と才能を消してしまうことにつながりかねません。

要するに、オフサイドのジャッジは、ある程度緩くていいのです。

明らかに分かる場合だけとって、それ以外は黙認。

オフサイドのジャッジはこれでいいのです。

オフサイドは、試合結果を左右するジャッジとなる場合もありますが、必要以上に気にする必要はありません。

「完璧には見れない」「明らかなときだけとる」という意識でやればいいのです。

ファール、PKのジャッジ

次にファールのジャッジです。

少年サッカーの試合では、ファールを取る審判が少ないと感じています。

特にペナルティエリア内だと、PKになるから、よりファールは取りにくいもんですよね。

でも、オフサイドと違って、ファールは厳格に取るべきです。

これは、怪我を防ぐことはもちろんですし、ファールする側の育成にもつながるからです。

プロのサッカーでは、ユニフォームを引っ張ったりする場面はよくありますし、少々のラフプレーを流す審判も多くいます。

でも、少年は違います。
少年は、ユニフォームを引っ張らなくても、ボールを奪える選手を目指さなくてはいけません。

ラフプレーが許されてしまうと、それが癖になり、ラフプレー無しではボールを奪えない選手になってしまいます。

育成を考えても、ファールは厳格にとるべきです。
また、悪質なファールには積極的にカードを出すことも大切です。

もちろん、「ファールかどうか迷うプレー」もたくさんあると思います。

個人的には、迷ったら7:3くらいでファールを取るという意識くらいがちょうどいいのではと思っています。

その方が少年たちの上達に繋がるとワタシは信じています。

お父さん審判にとって最も大切なこと

ここまで、3場面の審判について書いてきましたが、メンタル的には、「たかが少年サッカーの審判」と思ってください。

あなたにサッカーの経験があろうと無かろうと関係ありません。

たかがガキのサッカーです。堂々としていればいいんです。

間違いは誰にでもあるし、ミスジャッジは絶対に起こりますから。

勘違いしてはいけません。

お父さん審判にとって大切なのは、間違ったジャッジをしないことではありません。

試合に出ているすべての選手の成長を願うことです。

その思いが強ければ、きっといいジャッジができます。

逆に、そう思えない人は審判をやるべきではありません。

自分本位の審判をする人(異様にオフサイドに厳しいとか)は、子供の才能を消してしまう恐れがあります。

審判をストレスに感じている方々、まったく心配する必要はありません。

  • 周りに流されない
  • 堂々とする
  • 間違ったって仕方ない
  • 完璧なジャッジは絶対に無理
  • 子供たちの成長を願う

これだけを頭の中に入れてジャッジしてください。

きっといい試合になるかと思います。

I love soccer ⚽

もっと少年サッカーの情報が見たい方はこちらから↓

たくさんの少年サッカーの記事が掲載されています。

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

ブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村