必読!少年サッカー

【指導歴20年を振り返る】サッカーが上手くなる方法と息子とのサッカーで1番後悔したこと。

「どうやったらサッカーが上手くなるのか?」

そんな疑問に20年くらい向き合ってきました。

息子のサッカーに熱くなって一生懸命考えたし、コーチを始めてからも、部員の子供たちの上達を目指して、ずっと悩み続けてきました。

今でも悩みます。「どうやったら」「どんな練習をすれば」「怒るべきか、褒めるべきか」

様々なことに、ずっと悩みながらサッカーに関わっています。

サッカーに関わる人は、みんながそうですよね。

「努力すること」や「サッカーを好きになること」が大切なことは重々承知、それは分かってる。一朝一夕にはいかない、日々の積み重ねが大事。

そんなことは聞き飽きた。それはその通り、間違いない。

でも、もっと上手くなりたい。なってほしい。

もっといい方法はないのか。プロになるために一番いい方法はなんなのか。

子供がサッカーを楽しんでいればそれでいい

それも分かっている。そんなことは当たり前。でも、もっと上手くなってほしいし、本人も上手くなりたいと言っている。

どうしたらもっとサッカーが上手くなるのか?

今日は、悩み続けた約20年間を振り返って、そんな途方もないことを考えてみます。

小学生時代は無敵だった息子

今では、並よりちょっと上くらいの高校生になりましたが、小学生のときの息子は凄かったと思います。

特に小4くらいまではドリブルで無双していました。10点以上取った試合も1試合や2試合ではありません。

「本気でプロになれるんじゃないか?」と、親バカが発症したものです。

でも、息子のサッカーは、年齢が上がるのと比例して厳しくなっていきました。

今振り返ってみると、色々な理由が思い浮かびます。

  •  小学生低学年の頃は、自分が付きっ切りで自主練していた
  •  高学年、「そろそろ自分で」と自主練に付き合うことをやめると、自主練自体しなくなった
  •  息子の性格を考えて、強豪クラブではなく部活を選んだ
  •  成長期が来るのが遅かった。(中3で成長期がきましたw)
  •  無敵だった小学生時代、怒鳴り散らす昭和の体育会系コーチに習っていた

このように、たくさんのことを考えます。

その他にも、「スマホを与えるのが早かったんじゃないか。」「もっといい物を食べさせてあげるべきだった」など、サッカーのことから日常生活のことまで、多くのことを後悔します。

また、「あのとき怒ってしまった」「プレーに口を出しすぎた」など、自分自身の態度・言動の反省も山ほどあります。

答えは分かりません。今書いた全部をやり直せたとして、それで息子がプロになれるかと言えば、怪しいでしょう。

でも、ハッキリ言えることがあります。

凄く楽しかったということです。

悩んで、怒って、喜んで…

喜怒哀楽が次から次にやってきましたが、今振り返ると、小学生時代のサッカーを見るのが親として一番好きでした。

それは、息子が人より少しばかり上手かったことが理由ではありません。得点を量産していたからでもありません。
(ちょっとはあると思いますが。)

二人三脚で頑張った日々、そんな日々がとても懐かしくて愛おしく感じるのです。

楽しさという意味では100点満点の中学校、高校

息子は、中学校も高校も部活を選択しました。

しかも、まったく強豪ではない部活です。

そのような環境ということもあり、中学1年生からずっとレギュラーです。
中2で10番をつけてトップ下をやっていました。

たまに試合を見に行くと、それはそれは楽しそうにサッカーをしていました。

しかも、それは、思春期にありがちな、手を抜いて、フザケて楽しんでいるわけではありません。

全力でボールを追いかけることを楽しんでいました。

「サッカーを楽しむ」ということを考えれば100点満点の環境だったと思います。

でも、息子は伸び悩みました。

そこそこは上手いんです。
でも、トップレベルではありませんし、「プロなんてとてもじゃない」というレベルです。

まさに、そこそこです。

この進路に関しては、未だに後悔と肯定の両方の気持ちがあります。

いくら本人がその環境で一生懸命やっていたとしても、強豪チームとは、一生懸命のレベルが違ったと思います。

レギュラー争いのヒリヒリする状況もまったくないチームでは、どうしても一生懸命レベルは低かったでしょう。

厳しい環境じゃなかったから伸び悩んだのか。
いや、そもそも、どんなにやっても、ここで伸び悩む運命だったのか。

強豪チームに行けば何かが違ったのだろうか。

どうしてもそんなことを考えてしまいます。

親子で相談して決めた、あの進路の選択は正しかったのだろうか?

諦めない息子

ただ、息子は諦めていません。
並よりちょっと上手い程度のレベルなのに、まだ本気で「プロになりたい」と、少年のように言います。

学校の面談で、「いい加減にしなさい!現実を見なさい!」と、親の目の前で先生から怒られたくらいです。

もちろん、親としても心配です。
99%無理であろう夢しか持たない息子…

叶わなかったとき、食っていけるのか。
いや、そんなことは何とかなるにしても、叶わなかったとき、本人のメンタルは大丈夫なのか。

すべてが壊れてしまうんじゃないのか。

そんなことが心配になります。

でも、変な話、羨ましくも感じます。
私の人生は平凡で、特に何かの夢を夢中で追いかけることはありませんでした。

普通に学校に行って、普通に就職して働いています。

冒険やチャレンジとは無縁の人生を生きてきた私は、息子が夢を追いかけている姿が輝いて見えるのです。

同じ男として羨ましく思えるのです。

自分も若い頃にもっと…などと思ったりもします。

だから、「チャレンジしてほしい」「夢を諦めないでほしい」、私は素直にそう思います。
私とは違う人生を歩んでほしいと願います。

このように今は、将来の心配と、夢を諦めないでほしい、2つの矛盾する感情を抱えながら過ごしています。

サッカーバカ

今、息子は高校2年生です。

部活で忙しいし、ゆっくり会話することは減りました。

ただ、ちょいちょいLINEが送られてきます。

息子から送られてくるのは、

「前からの守備の方法が分からん。」

「ドリブルをもっと極めるためにはどうしたらいい?」

など、送られてくるのはサッカーのことばかりです。

そうです、高2の息子は、小学1年生でサッカーを始めた頃と同じように、いや、それ以上にサッカーが大好きです。

上に書いたように、親として、たくさんの後悔があります。

もっとしてあげられることはいっぱいあったと思います。

進路も、もっともっと悩めば良かった。

でも、「サッカーを大好きになってもらう」ことには成功したようです。

「サッカーバカ」としか言いようのない高校生になりました。

そういう意味では、私の息子のサッカーへの関わりは、最低の失敗というわけではなさそうです。

一番後悔していること

「どうしたらもっとサッカーが上手くなるのか?」それは分かりません。

でも、息子のサッカーに関して、一番後悔していることはハッキリしています。

「もっと自主練に付き合えばよかった。」ということです。

「そろそろ自分で…」と、やめなければよかった。

嫌がられるまで、とことんやればよかった。

一番の後悔は間違いなくこれです。

そして、それこそがもっとサッカーが上手くなるための答えではないのかとも思います。

というか、もっとサッカーが上手くなるためには、やっぱりほとんどの部分は本人次第です。

親ができることは限られてます。

でも、親にもできることがあって、それの1番は、「とことん練習に付き合う」ということじゃないかと。

技術的にも、メンタル的にも、それが最大の手助けなのではないか、そう思うのです。

もし、この記事をお読みの方で、小学生くらいのサッカー少年の親がいましたら、ぜひ「とことん一緒に練習してください!」

私の20年の経験から考える、もっとサッカーが上手くなるために、親ができることは、「とことん練習に付き合う」ことです。

I love soccer⚽

もっと少年サッカーの情報が知りたい方はこちらから↓

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ

にほんブログ村

多くの少年サッカーの記事が掲載されています。

ブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村