必読!少年サッカー

サッカー少年への大人からの声がけは伝わりやすい言葉で。子どもは「やらない」のではなく「できない」ということを理解しよう。

サッカーに関わらず、子どものスポーツの上達のためには、大人からの声がけが重要です。

よく、「指示し過ぎてはダメ。」「怒ってはダメ。」「親は口を出すな。」
こんなことが言われますが、それはある意味正解で、ある意味では不正解。

詳しくはこちらをご覧ください。

少年サッカー親の声かけは悪なのか?絶不調の息子を得点王にした親の言葉とは? 『親がしゃしゃり出てはダメ。』どんなスポーツでも言われることです。 特に試合では、監督やコーチから指示が出るから、それに親が口を...
親が子どものプレーに口を出すときの注意点 「親が子どものプレーに口を出すな。」少年サッカーではよく言われることです。 そんな約束事を決めているチームも多いでしょう。 ...
  • 自由にプレーさせる。
  • 余計なプレッシャーは与えない。
  • 「楽しく」を一番に。
  • 勝ち負けにこだわり過ぎない。

基本的には、「自由に楽しく伸び伸び」とプレーさせるべき。

それは当たり前のことですが、それに甘えて、大人がそこに逃げることがあります。

指導力のない指導者や、子どものスポーツに非協力的な保護者が、「自由に」「楽しく」「伸び伸び」という言葉に逃げることがあるのです。

前提としては当たり前ですが、でも、子どもの上達のためには大人からの声がけが絶対に必要です。

的確な指示、正しいアドバイスを「分かりやすい言葉」で伝える。

これがあるとないとでは、子どもの上達に大きな差が出てくるのです。

声を出さない子ども

「声を出せ!!!」

チームスポーツでよく聞く言葉です。

サッカーも例に漏れず、試合中にチーム内で声を掛け合うことは重要です。

特にキーパーやディフェンスの選手にとっては「声」はプレーの一つとも言えるでしょう。

でも、なかなか声を出さない(出せない)選手がいる。

恥ずかしいのか、自信がないのか、
まったく声を出さなかったり、出しても小さな声だったり・・・

そんな子どもに対して「声を出せよ!」と怒鳴る指導者や保護者もよく見かけます。

でも、「声を出せ!!!」では絶対に改善しません。
いくら怒っても、怒鳴り散らしても変わりません。

「声を出せ!」では、声は出ないのです。

また、

「声が出るようになるまでレギュラーでは使わない。」

こんな罰を与える指導者もいますが、最悪の方法です。
愚の骨頂と言っていいでしょう。

なぜ「声を出さない」のかを考えなければなりません。
そして、その「なぜ」はほとんどの子の場合、同じです。

声を出さない子は、声が出せないのです。

どんな声をかければいいのか分からないのです。

分からないから声が出せないのです。

だから怒っても無駄だし、レギュラーから外しても無駄。

そもそも分からないのだから、どんなに怒られてもできない。

当たり前ですが、分からないことは教えてあげる必要があるのです。

これを聞いて、
「いや、教えてるよ。」

「声の出し方は教えてるんだけど、声を出さないんだ。」

と思ったあなた。

本当に教えてますか?
いや、教えたことが子どもに伝わってますか?

キーパーに対して、
「ディフェンスのポジショニングについて指示をしろ!」
「相手のフリーの選手を教えろ!」

ディフェンスに対して、
「前の選手のディフェンスについて指示しろ!」
「前の選手を戻らせろ!」

フォワードに対して、
「パスを呼べ!」

こんな教え方をしていませんか?

相手が大人ならいいと思います。
大人ならあなたの意図を読み取ってくれるでしょう。

でも、子どもは違います。
子どもはこれでは分かりません。

もっと具体的に、もっと分かりやすく伝える必要があります。

先ほどの例のキーパーの場合だと、
「ディフェンスに、もっと下がれと声をかけろ!」
「相手のフリーの選手の背番号をディフェンスに伝えろ!」

このように伝える方が分かりやすくないですか?

「答えを教えすぎ。子どもに自分で考えさせないと。」
と思う人もいるかもしれません。

確かに子どもによっては、そうした方がいい子もいるでしょう。

でも、これはあくまで「声を出さない」子どもへのアドバイスです。
おそらく、まだ「自分で考える」ちょっと前の段階でしょう。

「まず教えてあげて、徐々に自分で考えるようにシフトしていく」方がいいと思います。

どんな言葉をかけたらいいのか分からないのに、
「声を出せ!!」と言われ続けられては、子どももたまったものではありません。

普段は走るのに、緊張で走らない子ども

運動力豊富な子が、試合で緊張して足が動かないなんてこともよくあります。

特に、精神的に未成熟な少年期には、心のバランスが崩れて、「なんだか動きが悪い」なんてことは日常茶飯事です。

  • 単純に緊張している。
  • 相手に苦手意識がある。

このような試合に対しての感情に加えて、

  • 昨日、親の夫婦喧嘩を目撃した。
  • 好きな女の子にフラれた。
  • 学校の先生に怒られた。

など、サッカーと関係ないことでも、それがサッカーの動きの悪さにも繋がってしまう。

そんなこともあります。

「なんか走れてないなあ。」

自分のチームや自分の子に対してこんなことを思ったことは誰でもあるのではないでしょうか。

そんなとき、
「もっと走れ!!」
「いつもどおりでいいんだよ!」
「いつもできてるじゃないか!」
「もっと走れるって!」

そうやって、煽ったり、怒鳴ったり。

それでも走らない子ども。

「まったく、どうしたんだよー。」

そう思う大人たち。

これは凄くもったいないことです。

普段走れてるのなら、間違いなく試合でも走れます。
というか、多分、子どもは走ってるつもりです。

いつもどおり頑張ってるつもりなのです。

でも、心のバランスの関係で体がいつものように動いていない。

それに本人は気付いていない。

そんな状況が多いでしょう。

こういうときも、大人からの「分かりやすい声がけ」で子どものプレーは変わります。

「走れ!」「もっとできる!」

ではなくて、

「もっと手を振ろう!」「思いっきり太ももを上げて走ってみよう。」

このように、直接的に体の動かし方を指示する。

「走れ!」では、走れない。

なんせ、本人は走っているつもりなのだから。
これ以上どうすればいいのかが分からない。

でも、「手を振れ!」「太ももを上げろ!」
は、とりあえずやってみる。

思いっきり手を振って、思いっきり太ももを上げる。
それが「走る」ということに繋がっていく。

気付けばいつもの「走る」プレーが戻っている。

まあ、そう単純にはいかないと思うけど、それでも効果はあります。

とにかく、「分かりやすく」伝えてあげればいいのです。

「それをやる」理由を教える

また、子どもに指示する場合、「なぜ」それをやるのかの理由を教えてあげる必要があります。

「ちゃんとやれよ!」

こんな言葉では0点。
子どもには何も伝わりません。

「ちゃんとって・・・なに???」
って感じでしょう。

例えば、よくあるコーンやマーカーを使ったドリブル練習がダラけているようであれば、
単純に「ちゃんとやれ!」「マジメにやれ!」「全力でやれ!」

と言うのではなく、

「○秒以内にゴールするように。」
「イマ、ディフェンスに追いかけられてるよ。どう逃げる?」

など、「ちゃんとやる」をしっかり翻訳してあげることが大切です。
その際には、その練習を「ちゃんとやる」理由もしっかりと説明してあげましょう。

子どもは納得すると全力で取り組んでくれます。

例えば、試合前の円陣。
「大きな声を出して気合いを入れろ!」

これでは、理由の説明になっていません。

そうではなくて、

「人は大きな声を出すとアドレナリンが出る。」
「アドレナリンは体を戦闘モードにしてくれる。」

だから、

「試合前の円陣で大きな声を出すことは、試合で良いプレーをすることに直結するんだ。」
「円陣で声を出すくらいで、体のキレが良くなるんだ。」
「大きな声を出さないと損だろ?」

こんな風に丁寧に理由を説明すれば、間違いなく大きな声で気合いを入れるようになります。

なんだかんだ、子どもは単純なのです。

「やらない」のではなく「できない」

ここまで「子どもに分かりやすい声がけ」について書いてきました。

まず、子どもは「やらない」のではなく「できない」ということを理解しましょう。

「なんでそんなことも分からないんだ。」
「なんでそんなこともできないんだ。」

これは、その子の周りの大人へのブーメランです。
周りの大人がちゃんとアドバイスできてないから、「そんなことも」できないのです。

正しい大人の声がけは子どもを急激に成長させることもあります。

「自由に」「楽しく」「伸び伸びと」
これは、少年スポーツでは大前提ですが、そこに逃げてはいけません。

上達のための正しいアドバイスを放棄してはならないのです。

もう今の時代、子どもだけが自由にサッカーをやってプロになれる時代ではありません。
親の協力と、適切な指導が絶対条件です。

路上でボールを蹴って上手くなるブラジル人も昔の話です。
ブラジル人でも適切な指導を受けて伸びていってます。

子どもが上を目指すためには、親子二人三脚での頑張りが必須条件です。

親も指導者も日々勉強です。

「どんな言葉をかけてあげればいいのか。」
「どんな言葉が一番伝わるのか。」

自分も日々迷いながらやっています。

もしかしたら、これだという答えはないのかもしれません。
子どもによって合う合わないもあると思います。

でも、子どもは頑張っています。
大人も努力しましょう。

ずっと成長を続けましょう。

Ⅰ love soccer⚽

ランキングに参加しています!
よろしければポチっとお願いします❗

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

ブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です