おススメ!練習方法

少年サッカー、逆足の練習はいつから始めるべきなのか?

「左が蹴れたらなあ。」

少年サッカーでは、そんな場面がよくあります。

右利きの選手が縦を止められたとき、
カットインからの左足を持っているかどうかで
プレーの幅は大きく変わる。

また、将来的には両足が蹴れた方が絶対にいい。
というか、現代サッカーにおいて、両足が使えない選手は厳しい。

でも、小学生にとって逆足を使うことは簡単ではない。
なかなか上手く蹴れない子どもが多いだろう。

逆足は、いつから意識して練習するべきなのか?

サッカーを始めると同時に両足を満遍なく練習するのか?
利き足がそこそこになってから逆足を練習するのか?

自分は逆足は慌てなくていいと思っている。
逆足よりも、もっと大切なことを覚えるために、
まずは利き足を極めるべきだと考えている。

まずは楽しく、自信を持つことが大切

サッカーにとって逆足の話は、
よく議論になる問題だけど、単純に考えてみてはどうでしょう。

サッカーを始めたとき、大切にすべきは、「楽しく」だ。
サッカーが楽しくないと話にならない。
まずは、サッカーを好きになることが重要だ。

そして、サッカーが楽しくなったら「自信」が大切になる。

サッカーは、メンタルのスポーツとも言われている。

自信がないと絶対に良いプレーはできない。
特に少年期は、自分でメンタルをコントロールすることは難しい。

だから、「自信」は、他人より上手いという事実から得る必要がある。

一度自信を得れば、子どもはどんどん積極的になる。
そしてさらに上達する。

良くも悪くも子どもは単純だ。
他人より上手いという事実が子どもをさらに上達させる。
他人より早く上達することは凄く大事なのだ。

サッカーを好きになって、
他人より早く上手くなって、
自信を持つために、

まずは利き足を重点的に練習すべき」というのが自分の持論だ。

200点満点に早く近づける

例えば、サッカーの実力を、
右足100点、左足100点の200点満点だとする。

0点からスタート。
サッカーを始めたときは、両足共に0点だ。

少年期に200点満点中100点を目指すとして、
両足を満遍なく練習するか、
まずは利き足を重点的に練習するのか。

自分の考えはこうだ。

右足50点、左足50点の100点を目指すより、
右足80点、左足20点の方が試合では活躍できるのではないか。
そう考えている。

始めに書いたように、逆足が使えた方がプレーの幅は広がる。
でも、そこを慌てる必要はないのじゃないのかと思うのだ。

相手に60点のディフェンスがいたとき、
右足50点、左足50点の選手は抜けないが、
右足80点、左足20点の選手は抜き去っていく。

そんなものではないだろうか。

もちろん、年齢が上がり、相手のレベルが上がってきたら限界が来るだろう。
利き足だけでは通用しない時が来るだろう。

でも、サッカーが好きなら、
サッカーに自信があれば、

利き足だけじゃキツイと感じたとき、
子どもは勝手に逆足の練習を始めるだろう。

そこが逆足を練習する最適な時期なのだ。

まずは調子に乗ろう

とにかく、子どもは調子に乗ることだ。
俺って上手いと思うことが大事なのだ。

そのためには、得意な足でガンガン練習しよう。
もちろん、子どもが勝手に逆足で練習することは止めなくていい。

自分で逆足を練習するときは、
間違いなく利き足は、そこそこのレベルに達しているはずだ。

逆に、利き足もまだまだ蹴れないときから、
逆足の練習を強制すると、サッカーが面白くなくなってしまうかもしれない。

単純に考えれば分かるはずだ。
まずは、利き足を極めるのだ!

少年サッカーの練習を考えるとき、
基本的には、すべて「楽しく」と「自信」をポイントに考えればいいのだ。

ということで、逆足はいつから練習するべきなのか?

それは本人が練習したくなった時だ。
本人が利き足だけでは厳しいと感じたときだ。

まずは利き足100点を目指しましょう!

I LOVE SOCCER⚽

ブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です