必読!少年サッカー

小学校時代に教えるべきサッカーの本質を日本代表森保監督が分かっていないかもしれない。「攻撃」と「守備」を分けて考える!?

2019年11月19日(火)。
キリンチャレンジカップ 日本 VS ベネズエラ
ホームの吹田スタジアムで行われたこの一戦は衝撃的な試合となった。

日本は、前半でまさかの4失点。
後半に1点を返したものの1-4の大敗。

ベネズエラは南米の中堅国で決して弱くないが、その相手に1-4の大敗。

さらに、内容が悪すぎる。

・ぽっかり空いた中盤のスペースを使われる。
・全く回らないパス。
・10番中島翔也の自分勝手なプレー。
(というか、多分サッカーを知らない。)

前に中島について擁護する記事を書いたけど、今回はあまりにも酷かった。

少年サッカー育成の悪い部分が、中島翔哉選手への批判に全て現れている。 ブラジルの優勝で幕を閉じたコパアメリカ。日本は、東京オリンピック世代を中心に参加。2分1敗でグループリーグ敗退の結果だった。 た...

大丈夫か?日本代表。

と思いながら、敗戦後の森保監督の言葉を聞いて愕然とした。

子どもにあまり細かいことを教えすぎるのは反対な自分だけど、

それでも、小学生年代に教えておくべきサッカーの本質。

「攻撃」と「守備」について。

もしかしたら、森保監督はサッカーの本質を分かっていないのかもしれない。

ベネズエラ戦後の森保監督インタビュー

森保監督はベネズエラ戦後にこう述べた。

攻撃ではビルドアップ、シュートまでの連携、連動が少しずれたところを相手につけ込まれ、守備では間合いが相手のボール保持者から遠く、プレッシャーをかけられず、失点を重ねてしまった。

「攻撃」と「守備」について、分けて反省点を口にしたのだ。

「攻撃」と「守備」

サッカーは、点を取り合うスポーツだ。

ゴールに1点でも多く入れた方が勝ちとなる。

「攻撃型」の選手、「守備型」の選手というのは存在するし、小学生でも「攻撃」が得意な選手と「守備」の得意な選手はいる。

サッカーには、間違いなく「攻撃」の場面と「守備」の場面が存在する。

しかし、「攻撃」と「守備」は分けて考えてはならない。

それこそ森保監督が言うように、「攻撃」と「守備」は連携、連動するのだ。

バレーボールやテニスのように、自分の陣地があって1点ずつプレーが止まる。

そんなスポーツであれば「攻撃」と「守備」は分けて考える必要があるだろう。

まして、野球は攻撃と守備がハッキリと分かれるスポーツだ。

野球文化が長かった日本には、攻撃と守備は別々という概念が根付いてしまっているのかもしれない。

でも、サッカーはそうじゃない。

ピッチの隅から隅で、味方選手と相手選手が相対し、ボール保持者が目まぐるしく変化する。

「攻撃」と「守備」は一体だ。

いい「攻撃」をするためには、

    • どこでボールを奪うのか。
    • 誰がはじめに寄せるのか。
    • どうやってチームで相手を嵌めるのか。
    • 奪った後、どのような展開をするのか。

    これらが絶対に必要なのだ。

    森保監督の言葉を借りると、

    ビルドアップの連携、連動が少しずれた」ということと、
    間合いが相手ボール保持者から遠く」ということ。

    これらは同じ原因から来るものなのは明白だ。

    森保ジャパンは、決まりごとが無いのか少ないのか、
    選手のポジショニングがぐちゃぐちゃだ。

    いい間合いの守備が出来てないと、
    マイボールになったって味方が遠くてパスは繋げない。

    全体がいい間合いで守備が出来るポジショニングを取っているからこそ、
    ボールを奪った後、いいビルドアップが出来るのだ。

    だから、攻撃は・・・、守備は・・・、

    なんていう反省の仕方は最低だ。

    森保監督、大丈夫か?

    小学生年代に教えるべきサッカーの本質

    と、森保監督の悪口はここまでにしといて、
    (まあ、本当は分かってると思ってる。てか信じたい。)

    ここからは、小学生年代に教えるべきサッカーの本質を書いていく。

    ほとんど既に書いたことだけど、

    「攻撃」と「守備」は別々ではないということだ。

    先に書いたように、

    「攻撃」が得意な選手と「守備」が得意な選手は存在する。

    子どもには得意なことをさせてあげる方がいい。

    攻撃が得意なら攻撃的なポジション、
    守備が得意なら守備的なポジション。

    好きにプレーさせてあげるべきだ。

    「お前は攻撃は良いけど守備がイマイチだ!」
    「センターバックで鍛えなおす!」

    こんなのはナンセンスだ。
    (こういう指導者けっこう多いけど。)

    でも、小学生にも心に刻ませるべきことがある。

    「攻撃」と「守備」は連動、連携するのだ。

    ・どこでボールを奪ったらいい攻撃になるのか。
    ・攻撃の選手は、ファーストディフェンダーとして、どのように寄せるべきなのか。
    ・奪ったあとどうするのか。
    ・攻撃中、ディフェンスは何をするべきか。

    こんなことを子どもに考えさせることが大切だ。

    小学生年代は、人数もそんなに多くないチームが多いし、
    相手との力関係も図りやすい。

    チームメイトに合わせて、相手チームに合わせて、

    「攻撃」と「守備」の連動、連携を考える。

    そんな癖をつけなければならないし、それを意識しやすく、覚えやすい年代だ。

    「攻撃」と「守備」は別々ではない。

    ということを、体の芯に植え付けるには最適の年代なのだ。

    少年サッカーは自由でいい

    とは言え、あくまで少年期は自由でいい。
    ポジショニングをギチギチに指導する必要はないだろう。

    何より大切なのは自分で考えさせること。

    失敗しても、成功しても、
    そこから何かを得て自分で考えてさらに改善する。

    その癖をつけることだ。

    そこにほんのちょっとの気付き。
    サッカーの本質に関することをアドバイスしてあげる。

    「攻撃」と「守備」は別々ではない。

    現代サッカーでは、当たり前の概念だけど、

    森保監督の言葉を聞くと、まだまだ子どもたちにはしつこく言い続けなければならないのかもしれない。

    「攻撃」が大好きなら、どこでボールを奪えばいいかを考えよ。

    「攻撃」が得意なら、どうやったら味方から何度もパスが貰えるかを考えよ。

    「守備」が大好きなら、どうやったらスムーズにボールが奪えるかを考えよ。

    「守備」が得意なら、奪った後のことまで考えよ。

    Ilove soccer ⚽

    ブログ村
    PVアクセスランキング にほんブログ村

    COMMENT

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です