おススメ!練習方法

少年サッカー足が速いだけの選手はダメなのか?体が大きいだけの選手はダメなのか?その対策法を解説。

少年サッカーでは、足が速くて体が大きい選手がスーパー有利だ。

成長が早くて、速くてデカイ。それだけで大活躍することは、『あるある of あるある。』

めちゃくちゃよくある光景です。

もちろん、速くてデカいのがダメってわけではありません。
サッカーの世界では、速くてデカいのは正義です。

ただし、育成年代は、『速くてデカイだけじゃダメだ』とよく言われます。『速くてデカイだけでは、将来通用しなくなる。』と。

サッカーでは、速くてデカイことは物凄い武器になるけど、育成年代では注意が必要だと。

いったいぜんたい、

大きい子はどうすればいいのか?
小さい子はどうすればいいのか?

今日は、この「あるある問題」について考えていきます。

サッカーは速くてデカいのは武器

サッカーでは、速さとデカさは大きな武器です。
でも、少年はそれだけじゃダメだと言われる。
これには理由があります。

ずっと速くてデカいのかは分からないからです

たまたま成長が早いだけなのか、
後からみんなに追いつかれるのか、
それとも、ずっと速くてデカいのか、

こればっかりは大人にならないと分からないのです。

ずっと速くてデカいのなら、まったくもって問題ありません。


でも逆の場合は、速さとデカさに頼ったプレースタイルが確立されると、速くてデカくなくなったときに苦しくなってしまいます。

でも、今現在の速くてデカい事実は物凄い武器だから、プレーする本人はすぐに気づきます。

スピードで行けば楽勝。

知らず知らずのうちにそんなプレースタイルが染みついてしまいます。

少年であれ、大人であれ、サッカーにおいてフィジカルは正義なのです。

でも、成長が早いだけの子は、中学、高校くらいになると、周りの成長に追い付かれてきます。

そうなると、スピードだけでは通用しなくなりますが、他のプレーを覚えてないから苦しくなってしまうのです。

これは、サッカーに限らず、スポーツ全般について回る話です。

少年期に速さとデカさに頼ったプレースタイルを確立することは、凄く危険なことなのです。

指導者はなるべく速さとデカさに頼らせない環境にしてあげることが大事です。

その方法を紹介します。

飛び級させる

一番いいのは飛び級。

上の学年と一緒にプレーさせる。
フィジカルレベルが同じくらいのグループに入れる。

これについては説明は不要ですよね。
速さとデカさのアドバンテージがないところでプレーすることの意義は大きいと思います。

これの問題点は一つだけです。

実現可能かどうか。

親が飛び級させたくても、指導者がダメと言えば成立しません。
そもそも飛び級はNGのチームもあります。

『◯◯は、速さとデカさに頼ったプレーしかできないから、飛び級はさせずに下のカテゴリーで基本技術を磨いてもらう。』などと、意味不明なことを言う指導者もいたりします。

自分の子が明らかに成長が早く、フィジカルレベルが他の子より高いのに飛び級をさせてくれないチームなら移籍を考えてもいいのかもしれないですね。

プレーを制限する時間を作る

次は、プレーを制限する練習をする時間を作ること。
フィジカル分、他でハンデを付ける。

制限方法は色々とあるけど、『利き足を使わない。』などの方法が有名です。

逆足のみでプレーをする時間を作ってハンデとします。

日本代表の堂安律選手を想像してみてください。

若手のホープとして、すでに代表の主力となっていますが、最近は苦しんでいます。

チームでも代表でも目立った結果が残せなくなりました。

堂安の課題は、スピードと逆足です。

左利きの堂安は、右サイドからカットインして左足シュートがお決まりの形。

このプレーの精度は高くて、今まで多くのゴールを奪ってきました。
でも、これが研究されて読まれだしました。

となると、次はスピードでの縦突破からの右足センタリングが選択肢となりますが、堂安選手は、

スピードがない。
右足が蹴れない。

こんな弱点があって、これが課題になっているように見えます。

もちろん、自分のような素人が気づくことだから、本人もとっくに改善に乗り出してると思いますが、これこそ少年時代の課題を象徴してるのかもしれないと思うのです

今でもフィジカルの強い堂安は、少年時代はフィジカルで無敵だったのではないか?

カットインシュートさえしてれば無双していたのではないか?
逆足までは鍛える必要がなかったのではないかと思うのです。

実際にどうだったかは分かりませんが、堂安選手のプレーの幅が狭いことは確かです。

そうならないために、ミニゲームだけは逆足だけでやってみたら?などとハンデをつけてあげるのもいいと思います。
(勝手に親がそんな指令を出したら指導者に怒られるかもしれないですが…)

小さい子はどうすればいいのか?

逆に小さい子はどうすればいいのでしょうか?

いつも吹っ飛ばされている、大人の中に一人だけ子どもが混じっているかのように見える子。

こんな子もたくさんいます。

明らかに不利な状況でサッカーをせざるを得ない子どもたち。

こんな子は自信を失わないようなケアが必要です。
声をかけ続けてあげましょう。

大丈夫。
今は小さいけど、いつか追いつくから。
勝負のときは、まだ先だからと。

小さい子は不利だけど、間違いなくいい経験ができています。

ずっと飛び級で鍛えられているようなものです。

人よりできない。という劣等感を与えないように注意して、サッカーが嫌いにならないようにしてあげてください。

学年の概念を捨てよう

この問題、本来は、小学校入学の時点でサビ分けるべきだと考えています。

成長スピードに関係なく、単純に誕生日で学年に振り分ける。
こんな制度は変えるべきです。

実際、ヨーロッパでは小学校の入学年を選べる制度もあります。

今は技術も進化して、骨年齢で医学的な成長スピードが分かるとも言います。
医療とも連携しながら、就学猶予(入学を遅らせる)の制度を導入すべきだと思っています。

とは言え、そんな制度がすぐに出来るわけがありません。

だから、まず親は、こだわるのをやめましょう。
同学年ってだけで比べるのは絶対にやめましょう。

成長が早い子の親は、上の学年と比べて現在位置を把握する。

成長が遅い子の親は、同学年と比べて焦らない。

まずは親が正しい目で子どもを見てあげてください。

そもそも4月生まれと3月生まれには差があって当たり前です。

4月生まれは人よりできる子が多い。
3月生まれはその逆が多い。

それが普通なんだってことを頭に入れておきましょう。

親が焦るとロクなことになりません。

一人でも多くの子どもが、自信を無くさず、有頂天にならず、サッカーを好きになることを願っています。

I love soccer⚽

もっと少年サッカーの情報が見たい方はこちらから↓たくさんの少年サッカーの記事が掲載されています。

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

ブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です