おススメ!練習方法

ワンタッチ目の勇気。ミスを怖がるな。ワンタッチで勝負を決めろ!

個人的にサッカーで一番重要なスキルはトラップだと思っています。

サッカーは、「止める・蹴る・運ぶ」のスポーツだと言われますが、「止める」技術が一番大切かなと。

自分が置きたい場所にボールを止めることができれば次の選択肢が増えますし、動作もスムーズになります。

「蹴る」にしても「運ぶ」にしても、その前の「止める」が大切ですよね。

「止める」練習

でも、「蹴る」と「運ぶ」の練習ばかりやっているチームをよく見かけます。

シュート、パス、ドリブル・・・

「ああ。もったいないなあ。その練習。」と感じることがよくあります。

シュート練習でも、パス練習でも、ドリブル練習でも、すべてに「止める」練習を組み合わせることができますし、「止める」から始めることでより実戦に近い練習になります。

例えば、シュート練習では、パスを受けてからシュートする。

  • パスはゴロ、浮き球、速いボールなど様々組み合わせる。
  • ワンタッチでシュートを打ちやすい場所にボールを置くことを意識させる。
  • コーンやマーカーを障害物にしてもいい。

このようなシュート練習をすることで、ワンタッチ目の大事さの意識付けになります。

パスの練習も一緒。
パスを受けるときは、足元だけでなく、止めたい場所にトラップ。

ドリブルは、パスを受けてワンタッチ目からドリブル開始。
体の向きの逆に止めさせたり、ボディフェイントからワンタッチ目を始めたりすると、より実戦的です。

このように、それぞれの練習に「止める」動作を入れることは大切ですし、簡単に練習することができます。

まずは、子供たちに「ワンタッチ目は大切」だという意識付けを行うことが重要です。

ワンタッチ目は勇気が大事

また、いいワンタッチ目のためには、技術だけではダメです。

ワンタッチ目は勇気が重要です。

「ミスを恐れて足元に止めるだけ」では上達しません。

特に速いボールや浮き球などは難しいと思いますが、ミスをおそれずに自分の置きたい場所にボールを置くこと(置こうとすること)が大切です。

これは、周りの大人が意識させないと子供はやりません。

誰でもミスするのは嫌なもんです。
だから、どうしても安全なプレーを選択してしまいます。

大人が子供に勇気を与えてあげましょう。

「ミスしてもいいから。」などと声をかけ続けてあげましょう。

いいワンタッチ目には勇気が必要です。
そして、その勇気を与えるのは大人の役目です。

ワンタッチ目の意識付けの相乗効果

最高のワンタッチ目をするためには、技術と勇気が必要だと書きました。

しかし、この2つだけではまだ足りません。

周りの状況を確認することも必要です。

「どこに止めるのか」を判断するためには、周りの状況を確認することが必要です。

ワンタッチ目を意識させることは、周りを確認することを自然に覚え、視野の広さにもつながるのです。

さらに、視野の広さはポジショニングや声出しなど、様々なプレーにつながります。

このように、最高のワンタッチ目を意識することは、様々な相乗効果を生むのです。

とにかく常に意識すること

ワンタッチ目の重要さについて理解いただけたでしょうか?

まずは意識付け。(練習の工夫や声掛け)
そして勇気を与える。

大人の役目はこれだけです。

子供に意識さえずっと与え続ければ、絶対に上手くなります。

練習も簡単にできます。

サッカーで最も大切なプレー。
ワンタッチ目。

ぜひ取り組んでみてください!

I love soccer⚽

もっと少年サッカーの情報が読みたいかたはこちらから↓

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

ブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村